こんばんわ!
ngs_projectです。


今日はゲームの雰囲気を演出するのに
どうプログラムが役立っているかを紹介したいと思います。




いきなりですが、ノベルゲームで大事なのは
「テキストにマッチする演出を絵と音からも行う」


これに尽きると思います。




今回はその一環である


画面処理(=フィルター)について説明したいと思います。



例えばこんな画面があったとして
kihonn


もしこのシーンが
電気が暗くて周りが見えにくいシーン」だとしたら
どんな見た目になるでしょう?



きっとこんな感じ。

部分フェード

 

一目で
あっ今薄暗いんだな
とテキストを読まずとして伝わると思います。
 





例を変えて
ボーッとしてて周りに注意が行かないシーン
だとしたら?
 

ブラー
 

画像をぼやかすことで
焦点の合わない感覚をさりげなく演出してます。

専門用語でいうブラーってやつですね。






あまりのことにショックを受けるシーン」だとしたら?
ネガ反転

古典的な表現ですが、ネガポジを反転することで、
理事長の動揺が伝わると思います。



こういったフィルター処理はバリエーションが多いほど
ゲームの世界により、のめりこめるので
たくさん用意できるようにがんばっております!


それでは皆さんお元気で!